中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« ブログトップ カテゴリー:日記

2007年11月11日

M1000からL740iへの電話帳移行

海外でも携帯は必需品。

今まではFOMAでGSM、3Gの両方使える機種が少なかったので、発売後に早速「L740i」を購入しました。

まだ海外では使っていないので、本当に今まで使っていたM1000と同等に使えるのか不安です。

購入して直ぐに、自宅近くのショップでは電話帳の移行ができなかったので、ドコモショップに持っていったのですが、これまた上手く行きませんでした。

M1000が故障している可能性があると言われましたが、あきらめきれずに独自にチャレンジ。

まずは、M1000から、vcf形式のファイルをメールに添付してPCに送付。

受け取ったvcfファイルをコンバーターでcsvファイルに変換。

これで、L740i(FOMA)用の付属リンクソフトで書き込めると思ったのですが、すんなりとは行きませんでした。なんかエラーが出ます。

仕方なくテキストエディター(エクセルは余計なことをしてくれるので使い難い)でデータを確認。

電話番号に-(ハイフン)が含まれているのが悪いような気がして、-を全て削除。

再度、L740i(FOMA)用の付属リンクソフトで書き込み成功。

なんか苦労したなぁと思い、本当にこんなことをドコモショップでやっているのか疑問???

私だけが騙されたような気もしますが・・・

まあ、無事に終了したので良しとするかぁ。

M1000だけ、-(ハイフン)混在の電話番号が登録出来るのかなぁ・・・(* ^ー゚)






M1000




L740i

2007年10月10日

チャイナネットコムの通信設備

ハルビンの中国網通集団系統集成公司黒龍江省分公司に伺いサーバールームを見せてもらいました。写真は禁止だったのでお見せできないのが残念ですが、かなり充実した設備が整っていました。
日中間でのデータ通信に問題があるのは物理的なものではなく、検疫などのフィルタリングのように思います。
チャイナネットコムも日本法人を置いて活動を開始したので、何らかの解決方法がないのか原因と対策を検討してもらっています。


黒龍江省にあるCNCのビル


2007年09月24日

月餅


CNCさんからお土産で月餅をもらいました。

かなり高級な御菓子だと思います。むっちゃ美味しかったです。

お土産にもらったのですが、夜に飲みに行ったお店でほとんど配ってしまいました。ゴメンなさい。

携帯メーカーの人もお客さんの中にいたので、CNCさんの紹介にはGOODだったと思います。

残った月餅は持って帰って食べました。

この季節、月餅で太り気味になりますが、止められませんね。

お酒にもあうんですよ、結構ね!

今年ももう秋ですね。。。
 

2007年09月08日

2007NEW環境展



インテックス大阪 2007NEW環境展

インテックス大阪で行われている「2007NEW環境展」に行ってきました。

中国でも環境問題が取り上げられることが多くなったので、今後の中国の環境改善に有効なソリューションがないか情報収集をしてきました。

中には、電力関係の遠隔監視や遠隔操作は電力消費を減らすことが出来て環境にも優しいシステムなどもあり、中国でも需要がありそうな感じがしました。

何社かと話しをしてみたのですが、中には中国に好意的でなく、「中国に輸出製品は粗悪品にする」などと言う会社もあり驚いていました。
日本にもこんな会社があるんですね!、時代と逆を行っているように思いました。

過去に日本でソフトウェアをコピーして中国に配布している会社もあったし。。。
日本企業のモラルがおかしいのでは???

特に感じたのは、技術力や独創性のある企業は中国とのビジネスにも前向きであるが、技術力も独創性も持たない企業は中国を悪く言い、取り引き条件を悪くして中国とのビジネスを遠ざけているという点でした。

「私の会社は技術力があるから中国とのビジネスなどしなくてもいいんだよ!」的なことを言う会社ほど、何所にでもあるような製品しか持っていなかったり、OEMでの提供を受けての再販だったりするようでした。

他により良い製品を販売している会社があり、このような会社との取り引きをする必要性はあまりないなぁと感じました。

展示会で直接話しをすることは勉強になりますね。

2007年07月12日

偽装請負に新たなメスが!

合法な、請負契約、委託契約、役務提供にならざるを得ないのでしょうね。

ところで、貴方は合法な、請負契約、委託契約、役務提供って説明できます(笑)。


派遣はどうなる!

dw_H.jpeg

2007年06月17日

社会力の低下

今日テレビで、最近は、”自分のことしか考えられない、「お互い様」という考えができる人が極端に減少しているのが目立つ”という話しがありました。

確かに、自己主張だけしかしないで、相手のことを考えないという人をビジネス上でも良く見かけます。

ぅ~ん、どうしてなんでしょうね。

2007年04月08日

趣味


完全なプライベートですが、久しぶりにヨットレースに参加しました。
来週も大きなレースに参加する予定です。

2007年03月22日

国を隔てた偶然

anime.gif
今日、偶然なのですが、1年程前に瀋陽の知人が経営する会社(所在地:瀋陽)で働いていた元社員さんに、偶然、京都の企業さんの食堂で会いました。

大連IBMから研修で京都に来ているとの事。

お互いに国を隔てて、偶然にも社員食堂での再開となり、凄い確立だなぁと驚いています。

来週には地元の大連に帰るそうです。

2007年02月02日

インド工科大学

MapIITs.gif
IIT(Indian Institutes of Technology)が先日テレビで紹介されていました。
加えてインドのIT技術の進歩の速さに驚いています。10年ほど前に仕事の打合せでウィプロ社のエンジニアと知り合ってからインドとの接点も保っているのですが、ここ数年での技術力アップは予想外なものでした。
貧富の差は激しいのは昔も今も変わらないようですが、中間層に位置する人々のパワーが凄いように感じます。
正直、日本が今後、何時までインドや中国を抑えることができるのか心配です。聞くところによると50年後は日本はインドに経済で追い抜かれるそうですね。

本当に日本の将来が心配です。

2007年01月25日

国際結婚が6%です

昨年に比べると明らかにオフショア開発、外国人エンジニアによる開発の割合が増えているように感じます。
人材不足はかなり深刻なようですね。

関係あるかはわかりませんが、海外が近くなったのか、結婚でも昨年は6%が国際結婚だそうです。
海外出張で出張先の相手と結婚するケースも多いそうです。
もう直ぐ10%となると10人に1人は国際結婚ですね。。。

もともと日本人は単一民族ではないので、外国人とは上手く接することのできる民族なんだそうです。江戸時代に入る前は外国人も日本に沢山来ていたそうですね。

また、これからしばらくは、外国人の割合が増えることになりそうです。

少子化の日本には必要なことだと思います。

2007年01月11日

バングラデシュ人材への注目が

早くもバングラデシュ人材の活用に注目が集まり、依頼と、セミナーへのご参加を頂いています。
ソフトウェアのテストにも積極的に活用したいと考え、当社でも採用の準備を進めています。

2007年01月04日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

2006年はオフショア開発の色々な面で基礎を作る年だったように感じていますが、2007年の今年は昨年の基礎の上に本格的にオフショア開発を積み上げていきたいと考えています。

中国はメジャーな海外開発になったので今後は品質改善とコストパフォーマンス、日本国内とのコラボレーションでの新しい技術へのチャレンジを行いたいと思っています。

インド、ベトナム、バングラデシュでは中国での経験を活かし、各国の特色を大事にしたオフショア開発とオンショア開発ができるようにと考えています。

新しく考えていることとしては、今年は日本国内での技術力アップの為に『技術コンサルタント』の方々との交流を深めて、あらゆるソフトウェア開発に安全にチャレンジできる体制を構築することです。

優秀な海外のエンジニア(リソース)は十分に確保できて、コントロールの不安も無くなったので、次のステップとして国内の協力体制を整えて、”力技”の開発から”技術”主導の開発へと移行できるように努力したいと考えています。

2006年12月06日

バングラデシュの家庭料理




辛いけど美味しいバングラデシュの家庭料理

バングラデシュはダッカの社長さんに地元の家庭料理をご馳走になりました。
昔からインド料理が大好物だったので辛さには自信があったし、香辛料の効いた料理も大好きです。ちなみにベトナム料理も大好きです。

ご馳走になった料理は、「豆のスープ」、「鳥と芋のカレー」、「ホウレン草の料理」、「牛肉のカレー」、「ヨーグルト」5品でした。
食べ方は、ご飯にカレーをかけて、好みでスープも一緒にかけて食べるのですが、一流のインド料理レストランで食べるよりも美味しかったです。

日本の女性には辛すぎるかも知れませんが、辛いものが苦手でない男性にはかなりいけますよ!。

料理をご馳走になった経緯は、バングラデシュのITエンジニアをオンサイト開発で活用するというビジネスのアライアンス契約をする為に自宅に伺ったことがキッカケです。

2006年12月05日

これからの税制について

これは法人と個人で比べてみて、これからの税制について考えてみました。

まず法人税は減税になります。
個人は控除が少なくなり実質増税です。

何故、法人税は減税かと言うと、まずは企業体力を回復させてから、労働者に賃金として還元するという訳です。

しかし、会社経営者が今一番怖いのは株主です。M&A対策などで株主配当を増やして安定株主になってもらわないと会社がなんやらファンドなどに買収されてしまいます。
なので、企業が利益を出せば株主配当が増やされるのは必至です。

となると、法人税を減税して企業が利益を出しても利益は株主に行くだけで、労働者へ渡ることはありません。

法人税の減税も、経営者(株主)に利益がかんげんされるだけで、結局は労働者が得ることは難しい仕組みになっています。

さすが良く考えられた税制ですね。

2006年11月29日

早朝の大連周水子国際空港



大連周水子国際空港のロビー

何時も大連の周水子国際空港は早朝から人も多く慌ただしくしています。
最近はアメリカかヨーロッパの人も多くみかけますが、やはり日本語での話し声を良く聞きます。

そろそろ、今の国際空港だけではスペースが足りないので、新しい国際空港の建設に取り掛かるようなことを聞きました。

大連への世界からの入り口として、大胆なデザインの建物になるような気がします。

2006年11月20日

食べ物シリーズ・火鍋編



一人で食べる火鍋

一人で食べる火鍋です。これで一人前(?)です。
値段は、。。。670日本円程度です。

量的には400円分位で十分だと思いますが、一品の量が多いのでどうしても残す位にオーダーしてしまいます。

周りの家族連れも大量に食べていました。

カルピスのようですが



食事の後のデザート

食事の後にもらったデザートのアイスクリームです。

パッケージはカルピスのようですが、カルピスらしい印刷はありませんでした。
カルピスなのか、カルピスでないのか、ちょっと悩んで食べたら普通のアイスクリームでした。

2006年11月14日

HERMES



HERMESのスカーフ

HERMESのスカーフ制作のデモが梅田のホテルで行われていました。
ディスプレイされているスカーフも綺麗でした(新作ばかりだったと思います)。
学生の頃、パリでディスプレイされているスカーフを写真に撮った記憶があります。

2006年11月05日

ベトナムの人形



ベトナムのホテルでもらった小さな人形

ベトナムのホテルで泊まっていたときのことです。そこのホテルでは部屋のクリーニングをしてくれた後に小さなベトナムの人形を置いてくれるのです。
毎日、1つずつ増えるので4泊して4つの人形がサイドボードの上に並びました。1つは中国の友達にあげて、残りは自宅のリビングに飾ってあります。

気がつくと、いつの間にか部屋にはベトナムの置物や絵が飾られています。
そういえば気にしてなかったけれども5年ほど前から、我が家のリビングはベトナム風になっていました。
その頃はベトナムに行くなんて、全然思ってなかったのに。何かの縁でしょうか。

今度ベトナムに行く時には街に沢山あった画廊に足を運びたいと思っています。
気に入った絵が見つかりそうな気がします。

2006年10月19日

変身-2?



サナギから蝶へ

来年までサナギ!?。。。とんでもない。
もう、蝶に変身してしまいました。サナギになってから1週間も経ってないんですけどぉ。

家の近くを歩いていると、結構あっちこっちで蝶が飛んでます。暖かいからなのか、これが普通なのか。
来年まで見守る予定だったのに計算はずれでした(笑)。

ちなみに、越冬するサナギは褐色だそうです。

最後は元気良く飛んでいってしまいました。

2006年10月05日

変身?



ペットボトルの中のサナギ

小松菜に付いていた青虫を小松菜と一緒にペットボトルに入れて観察していたら、1日目はいっぱい小松菜を食べて、2日目に動かなくなって、3日目にサナギになりかけてました。

おもいっきり小松菜を食べてるなぁって思ってたら準備してたのかも知れませんね。

来年、暖かくなるまでどうすればいいのか(笑)。

2006年10月04日

パワーアップ

powerup.jpg
今月からパワーアップを開始しました。って何のことかわからないでしょうが、とにかく頑張って仕事をしようと決めたってところでしょうか。

具体的なことは、公表できるようになったらブログに載っけます。
 

2006年10月03日

Javaでプログラミング

160x600_javahistory.jpeg

久しぶりにプログラミングをやっています。アセンブラ、C言語の世代なので、Javaは得意ではありませんが、久しぶりに技術書を引っ張り出してコリコリとコーディングしています。
久しぶりに使ってみると、やっぱし便利だなぁと思ってしまいます。

.VB.NETは開発効率では非常に長けていると思うのですが、開発環境を準備するのが面倒です。

仮にSQLサーバーを立てて色々遊びたいのですが、周りから仕事しろよって怒られそうなので、休みの日にでもやりましょうかね(笑)。

若者と年寄り、どちらがソフトウェア開発の効率が良いのか、対決してみたいですね。皆さん、如何ですか!?

2006年09月16日

仕様書って書けます!?

ソフトウェアエンジニアの方って、『要求仕様書』、『仕様書』、『設計書』、『評価仕様書』、『モジュール構成』、『機能仕様書』。。。とか書けますよねぇ!?
最近、私の周囲の会社で仕様書が見当たらないのは何故でしょうか。中国ではちゃんと仕様書があるのに。。。
仕様書を書かないの?、書けないの?、無駄な労力だとか思ってるのかなぁ~。

2006年09月12日

ミクシイ

mixi2.JPG

ミクシイ

この『中国技術集団ブログ』を読んでくれている方々で、ミクシイをはじめたいといかたをミクシイに招待していました。
でも突然、今までに無く大量の招待希望者からのブログへの書き込みがあり急遽ミクシイへの招待ページを閉鎖しました。

何処かに情報が載ったのでしょうね、多分。

ということで、面識の無い方はミクシイへの招待は行えませんので、どうしてもミクシイへの招待を希望される方は私宛てに自己紹介を添えてメールを送って下さい。
なぜミクシイに参加したいかなど、出来るだけ詳しく教えて下さい。

仲良くなれたましたら、ミクシイへご招待したいと思います。

申し訳ありませんが、頂いたメールへの返事ができない場合もありますし、ミクシイへの招待もできない場合もありますがご了承下さい。
それを理解いただける方のみメールをお願い致します。

単に『ミクシイ紹介希望』とだけのメールを頂いてもミクシイの利用規約上ご紹介は出来ませんでのご了承下さい。


ミクシイ招待希望メールはこちらまでお願い致します。

2006年09月01日

海外ブランド品



パネライ ⇒ パチライ

日本だけでなく近年ではアジア各国でワールドブランドが盛んに販売されています。海外からの観光客を目当てとした商品が多いのも確かですが、現地の富裕層での購入も急激に増えているようです。

ベンツは日本より先に中国で最新モデルが販売開始されるなど、日本より中国の市場を重視している企業も多いようです。ブランドの限定品も中国限定などが増えています。

写真はベトナムで買った高級時計パネライで、174万。

2006年08月18日

スーパーでの買い物



お土産物はスーパーで買うのが一番

大連に仕事の打合せに来たお客さんの大半は、街中のスーパーでお土産物を買って帰ります。
空港で買うことを考えれば、格段に安いですから。
でも、それだけではありません。空港には無い面白い商品が沢山あります。
お菓子、インスタント食品、健康食品、ワイン、お茶、その他色々。その上、空港で買うのに比べてとってもお買い得。
打合せに来るお客さんは、毎月1回は食料を買い込んで帰ります。

まだまだ、大連の物価は日本に比べて安いです。
人件費も、ここ10年は大きくアップしていないのが魅力的ですね。

そろそろ、大連にアパートでも借りようかなんて考えています。
誰か、共同でアパートを借りてシェアしませんか?

間貸ししてくれる方がおられれば、ご一報下さい(笑)。

2006年08月13日

偽装請負、偽装派遣なんて

anime.gif

オフショア開発には無関係な「偽装請負」、「偽装派遣」

近頃、「偽装請負」、「偽装派遣」について多数の記事やブログ立上げされているのを目にします。
数年前であれば弊社もヒヤヒヤする内容のものですが、オフショア開発100%である今の体制では全く影響なく他人事とオブザーバーに徹しています。
逆にこれからオフショア開発が加速する添加剤になってくれればと願っています。そうなれば、日本のエンジニアの労働環境も同時に改善されるのですから、昔から私が個人的に願ってきたことへの実現につながります。

昔から労働省、大手派遣会社、大手企業、労働者間で色々な論議を繰り返してきましたが、派遣法、職業安定法を守らない違法派遣を関係省庁が認めることは困難だと感じています。たとえ「偽装請負」、「偽装派遣」を行っている会社が倒産するとしても容易には妥協はしないのではないでしょうか。

「偽装請負」、「偽装派遣」を問題として表面化させたのは大手派遣会社の思惑でもあり、企業力でもあると思います。失業率も下がっているので、派遣(紹介予定派遣)⇒紹介(雇用)というストーリーが大手派遣会社と労働省の一致する思惑のような気がします。

完全に請負で業務を行っている弊社のような企業、または派遣法を守って業務を行っている会社には何ら影響は無いのですから。

この機会に、メーカー様も本当の業務請負ができるパートナー会社を見つけられては如何でしょうか?
無駄な所に神経を使わずに業務ができるのですから、メリットは大きいと思います。
弊社では徹底したコンプライアンス経営を行っていますので、安心してお取り引き頂けると思います。

各種公の協会などは会員企業の業務実態を調査把握し、労働省の指導に反する業務を行っている企業にしかるべき処分を下す必要があると考えます。

「偽装請負」、「偽装派遣」問題を専門に取り上げているブログが立ち上がっていますので、これからも注意して見て行きたいと思っています。

2006年08月11日

ベトナム視察



ベトナム最大IT企業FPTホーチミン支社にて

3泊5日の短期間ですが、ベトナム(ホーチミン)への企業視察に行って来ました。
日本LIS企業のベトナム支社、ベトナムIT企業2社を訪問し、充実した視察となりました。

ベトナムの現地ベンダーさんの技術力、インフラなどを実際に目にすることが出来、今後のオフショアビジネスの為に貴重な情報を収集することができました。

今回は台風の影響もうけることなく、スケジュールの通りに仕事を済ませることが出来、仕事の後にベトナムの方々との交流をもつことが出来、中国とは違ったベトナム文化や慣習に触れることができました。

FPTさんの社員の方々は日本語も上手く、高いスキルを持っていると感じました。今後、毎年2倍での成長を計画されているそうです。中国、ベトナムとIT企業は元気ですね。

ベトナムIT企業はマダマダ経験が少なく若い社員が多いので、今直ぐに中国にとって変わることは難しいと感じましたが、大連での開発も、さらに技術力アップ、効率アップが必要だと痛感しました。近いうちに中国と大連の技術レベルの差は無くなってくるでしょうから。。。

2006年06月04日

ヤモリン、パートⅡ



ヤモリの裏面

ご好評にお答えしてヤモリンの裏側を撮影しました。
画像は暗くて見難いですが、可愛い手先が写っています。

そうそう、ヤモリの皮膚って触るととっても気持ちよいのです。言葉では表現できませんが、勇気のある方はお試しあれ。


2006年06月01日

カラオケ?



カラオケなんでしょうか?

大連では日本人がよく滞在する高級ホテルではなく、少し空港に近い場所にあるホテルに滞在します。
周辺は結構市場やマッサージもありニギヤカなのですが、恐竜の化石のようなものを看板にしているミサがありました。
多分、カラオケなんでしょうね!?

”AO BA”と書いてあるのが何なのか非常に気になります。

大連の若い人もカラオケは大好きなようです。

2006年05月28日

ヤモリン



自宅のヤモリ

自宅には何匹かのヤモリが住み着いているのですが、その中でも一番大きいやつです。
写真は暗くて見難いですが、顔は愛嬌があって可愛いですよ。

家を守るという意味で、ヤ(家)モリ(守)とも言われているそうですね。

夜、ライトに集まる虫を食べています。

 

2006年05月25日

毎年咲き乱れるラン



ランの花

年中ベランダに置いていて、特に手入れもしないのですが毎年咲きまくるランの花です。
それもかなり長期間咲いています。

なぜ?

2006年05月21日

見つけました「さんしょうゆ」



さんしょうゆ

見つけました「さんしょうゆ」。
以前、痛い目にあったやつです(笑)。

過去、こいつのパワーを知らずに、料理に大量に入れて、思いっきりカウンターをくらいました。
唐辛子の辛さとは比べものにならない刺激があります。唇がしびれる。

さっき、ちょっと舐めてみた感じではお店のさんしょうゆより少し弱い気がしました。
って、油断すると危険かもね。。。

雨の大連



台風の影響で大連も雨です

昨日から大連に来ていますが、台風の影響で雨が続いています。
思ったより暖かくて、大阪より気温が高いみたいです。

2006年05月17日

今さらですがミクシイやってます



ミクシイ

今さらですがミクシイやってます。
Leading Edgeで出没していますので宜しくお願いしますね。

ミクシイは紹介制ですので、招待を希望される方、お気軽に連絡下さい。

ここが私Leading Edgeのミクシイページです。

2006年9月14日から急激にミクシイへの紹介希望者からの書き込みが増加しました。面識の無い方々を安易にミクシイに紹介することは本来のミクシイの趣旨から外れると考えられますので本日の紹介希望者を最後にミクシイへの紹介を終了させて頂きます。
申し訳ありませんがご了承下さい。
本日までにミクシイへの紹介希望をされた方で未だ紹介メールが届いていない方はメールを送って下さい。ブログのログが残っていますので紹介メールをお送りさせて頂きます。

詳しくはこちらへ

2006年05月15日

週末は大連へ

anime.gif

週末は大連へ行きます?戻ります?

新しい開発機材を運ぶ為と打合せの為に週末は大連に行く事にしました。
今回は組込みLinuxと組込みデータベースでのシステム開発です。

来月以降には動画配信ボードの制御を行う為に大連にクライアントさんを招いて打合せを行います。

評価検証の依頼もあるので、これから打合せが増えそうです。

2006年05月03日

偽装請負、偽装派遣について

anime.gif

技術者の立場を真剣に考える時期かも!?

あまり表面化しないのですが、偽装請負というキーワードが最近話題になることがあります。
実状は派遣なのに請負のように見せかけて契約をすることなのですが、IT業界では別に特別なことでは無くて慣習から言うと普通に行われていることです。
労働局に話しをしても取り上げてもくれません。違法なのに知らん顔ってのは理解できないのですが、まあ役所ってそういう機関ですからね。。。

偽装請負でも私は労働者が納得できる待遇を提示できるのであれば契約方法、働き方は自由で良いと思っています。理由は、あまり細かいことを言うとお互いの利益が無くなってデメリットばかりが表現化するからです。
決して偽装請負を正当化するつもりはありません。労働局が完全に違法事業者を摘発してくれるなら、それも良いと思っています。

私が派遣で働いていた15年以上前は、派遣社員は正社員よりも多くの収入を得ていたように思います。将来の保障が無いので先に稼いでおくという考えが頭の中にありました。20歳の前半で1000万円~1500万円の年収があったと思います。
私の基準は、同じ経験の正社員の年収の最低1.5倍で、それが満たされない派遣の仕事はしないというものでした。派遣会社を経由していると派遣会社がマージンを50%程度は取るので内容は変わるのですが。(会社は正社員の雇用を行うと社員への年収の1.5倍程度が福利厚生に必要ですからね。)

最近、IT技術者の派遣だと年収で正社員より高収入というのが少ないように思います。
同じ仕事をしていて、安定も無い、収入も少ない、こんな状態での派遣は将来の日本の技術力を大きく低下させることになると私は考えています。結婚して子供を育てる為に必要な収入を安定して得られないなら、社会全体の発展性が無くなります。

それと、派遣法では色々な労働者保護が定められている為に、請負という名目で契約し労働力を安く得ようとする企業が非常に多いようです。

これが偽装請負です。

経営努力を行わない企業が安易に法の隙間を利用して労働者の負担で企業を維持しているという体質が私は一番嫌いです。

法改正で労働局の方針が変わったら経営を存続できないような会社が多いのではないでしょうか?
もっと目先だけでなくて先をみる経営を日本の企業には行ってもらいたいものです。

本当の請負で労働力を確保できる企業は、これからグローバルな経営を行っても生き残っていける企業だと思います。
そうでない企業の発展性は低いのではないでしょうか。。。

2006年04月23日

事務所の入り口は変わっている?



ベトナムで書かれた絵

事務所の入り口に飾ってあるベトナムの絵です。
今まで気にしていなかったのですが、最近ベトナムの人とメールをすることがあり、何時も目にしている絵のことを改めて思い出しました。

貝殻を使って書いているそうで、光の当たる角度によって微妙な色を発します。
この絵はとても高価でした(嘘)。

大阪の船場で衝動買いした絵で、これ以外にも像の置物とか、5年ほど前から色々と買い集めていたのを忘れていました。

周りを見ればベトナム製の置物なども多いことに改めて気づきました。

2006年04月21日

瀋陽で見た自販機



瀋陽で見た自販機

大連では自販機は非常に少ないように感じます。
ジュースやお茶もお店でしか買ったことがありませんでした。

瀋陽に行ってみて自販機がそれなりに設置されていることに気付きました。
友達の話では、「お金を入れても商品が出ないことがあるから、自販機で買わない方が良い。」とのことでした。
確かに、自販機が正常に動いているか判断し難い状態でした(かなりボロボロ)。

私が若い頃のように、商品が出てこなくて、お金も戻ってこないという悔しい思いをした人達がかなりいるのでしょうね(笑)。

2006年04月15日

ベトナムのICT産業



中央郵便局

最近、ベトナムのICT産業について話題になることが多くなりました。
私の会社にもベトナム企業から数件のアライアンスに関する問い合わせがあり、近く訪問する予定にしています。

ベトナムのICT企業の中にはCMM5を取得している企業もあり、優秀な人材も多いようです。
既に日本に進出している会社もいくつかあり、組込みソフトの開発に携わるエンジニアが日本のメーカーに常駐して開発を行っているのも知っています。

ベトナムのICT企業も、全ての開発を日本常駐で行うのはコストの面でも難しいと思うので、ベトナム自国でのオフショア開発を主にしていると思うのですが、どのような開発管理体制を持っているのか大変興味があります。

と言っても、私の会社は中国オフショアが専門なので、ベトナムのICT企業とは情報交換などでよい関係が出来ればと思っています。

可能であれば組込みソフト開発に関するノウハウの共有などできれば、お互いのメリットになるのではと思っています。

2006年04月13日

4月から忙しさ倍増



大連国際貿易センタービルのレストラン

4月に入ってから合弁会社の設立もあり、加えて人材不足のためか、中国オフショア開発への問い合わせも徐々に増えています。新しいプロジェクトもスタートしていますし。。。
今年の夏からは日本で開発を手伝ってくれる大連のスタッフの研修も開始する予定です。

しかし、優秀な技術者は簡単に集めることも出来ず、やはり経験が必要です。たとえ国立大の院卒でも、経験は机の上では積めないことは彼らも良く知っています。

”あぶらののったエンジニア確保は今がチャンス”ってとこですかね(笑)。
もちろん、私の会社では最高チームをキープしています!。
近く数社の会社オーナーをアライアンスの商談の為に大連に招待します。技術交流をメインに考えています。

写真はバイキング形式のレストラン。大連国際貿易センタービルにあります。
食事は和洋中と豊富で刺身やお寿司も含まれます。
何といってもデザートの豊富なことといったら、それは凄い。日本と比べると約1万5千円/人ほどの料理かも知れません。

でも、大連なら僕でも食べることができます。東京の昼食と同程度の価格です。絶対お得です!。

2006年03月26日

大連フットサル大会



フットサル大会の様子

何かのイベントなのか、予選なのかわかりませんでしたが、街中でフットサルの試合をやってました。
なぜ大会かというと、選手のユニホームにスポンサーの名前と「○○大会」と書かれていたからです。
ちなみに、メインスポンサーは日立の様でした。

休みの日ということもあり多くの観客が集まってきました。試合は審判が2人というしっかりとしたものでした。

途中、シュートを顔面で受けてしばらく動けなくなる選手がいたり、見ている方は楽しかったです。

大連はサッカーが盛んなので、こういうイベントもウケルのでしょうね。

大連では何かと家電メーカーが目立っているように感じます。今、電化製品やデジタル家電を購入する人が多いのだと思います。


2006年03月20日

研修生用設備



中国人研修生が実習で使う装置

日本に研修生として来る中国人が、来日前に技術を取得する為の研修施設を見学しました。
ここは金属加工などの実習を行うところですが、日本語の勉強や、技術の勉強も行います。そして、日本語の試験も受けます。

研修生として日本にくるのは難しいので、優秀な人材だけの狭き門と言ったかんじでしょうか。。。
しかし、日本での研修期間の生活は快適で、非常に勉強になって良かったと言う人が大半でした。

中国に戻ってからは、中国の会社に就職するか、日本語の教師+技術の講師になる人もいるようです。

この時は、ちょうど試験(日本語の)だったので、実習している人はいませんでした。

2006年03月14日

中国っぽい飾り



飾り

神戸の三ノ宮で見かけた、中国っぽい飾りです。
中国ではアーチ型の巨大な飾りをよく見るので、なんとなく中国っぽいなぁと思い写真を撮りました。


2006年03月07日

大連のオリンピック



オリンピック公園?

大連の知人はオリンピック公園と言っていましたが、そこにオリンピックの五輪モニュメントが置かれていました。

北京オリンピックが決定した時に、このままの中国のマナーの悪さでは世界レベルのスポーツ選手を招く体制(環境)が整えられないという中国自国からの発言がありました。

それからどれ位過ぎたのでしょうか?、今では十分に世界のスポーツ選手を迎える基本体制(精神的なもの)が構築されたのではないでしょうか。
市民がオリンピックを意識して、街を綺麗にしたり、とても努力していると感じます。

個人的には、青島にできるヨットハーバーと選手村にはとても興味があるので、機会があれば是非行ってみたいと思っています。

その頃には、少しは休みが取れるようになっていれば嬉しいのですが。。。

2006年03月06日

二階建てバス



二階建てバス

大連で走っている二階建てのバスです。私も何度か乗ったことがあります。
多分なんですが、一回乗るのに一元で距離は関係なかったと思います。
大連での移動の大半がバスか路面電車になります。タクシーは便利ですがバスや路面電車の10倍も高いので、できればバスを利用するのがいいですね。
朝夕のラッシュ時はかなり混むので嫌ですが、日中の比較的に空いている時間帯だと座れるので楽です。

古いバスが多いので、気をつけないと吊革や取っ手が外れることがあり危険です。急発進、急停車は当たり前でなので、乗ってるだけで足腰が鍛えられます(笑)。

ナマコの姿煮



ナマコの姿煮

大連はナマコが有名です。
で、ナマコ料理なのですが、そのままの姿でスープに入っています。

美味しいのですが、見た目はご覧の通り、少々不気味です。
これは生のナマコから作った料理ですが、干したナマコがスーパーなどで売られています。

結構あっちこっちで目にします。

2006年02月28日

ヌードル?



名称不明、とりあえずヌードルです

久々の食べ物編です。
今回は前回、大連で食べたヌードルです。
日本に帰って来てから知人に名前を教えてもらったのですが忘れました(ゴメン)。

美味しかったのですが、私は大きな失敗をしてしまいました。
なにせ食べ方を良く知らないので、テーブルにあった調味料(オイル)をニンニクか唐辛子の入ったものだと思って少し多めに入れたのですが、これがとんでもない曲者!。

山椒のオイルでとても辛い。本当は辛い言う表現では無くしびれるのです。舌も唇も胃も全てです。
私は辛いものは、唐辛子でもインド系の香辛料でもかなり強い方ですが、これはこたえました。

レンゲ一杯ものこのオイルを入れたことが、そもそもの間違いだったのですが、周りのお客さんが不思議そうに見ていた理由がこれだったのですねぇ。。。(涙)。

オイルを入れたのはタレというか漬け汁の方だったので、そのまま食べました。そのままでも結構味がついていて美味しかったです。
今度からは調味料を入れる時は慎重にします。中国は私の常識を超えている部分がまだまだありそうです。

中国人からすれば私が常識不足なんでしょうね(笑)。

2006年02月27日

街中にある売店



売店

大連の街中に多くある売店です。
結構夜遅くまで開いているので便利だし、ここから電話もできます。
電話は通話時間に応じて後払いするシステムです。

最近は24時間営業のコンビにもあちこちにあるので、生活に困ることはまずありません。でも、コンビには商品価格が多少高価に設定されているようにも感じます。

売店が街中に多いのは自動販売機がほとんど無いからでしょうかね。。。

2006年02月16日

大連にあった七福神



お土産に買った七福神

私は、旅行に行っても出張に行ってもお土産をあまり買わない人です。
理由は持って帰ってくるのが面倒だからというだけなんですが。
最低限の社員や家族へのお土産は買いますけどね。。。パンダクッキーとか(笑)。

今回は偶然に気に入ったものを発見してしまい購入してしまいました。
それは、七福神です。
大きさは500円硬貨位でしょうか。まるまるとしてて愛嬌があります。値段は全部で3000円弱と、日本ではそこそこの値段。中国では少々高いかなぁなんて思いましたが購入してしまいました。

今は事務所の入り口に飾ってありますが、個人的に結構気にっています。

並べる順番を調べたのですが、正しい順番が決まっている訳ではないみたいですね。
パターン的に、こういう並べ方が多いというのはあるみたいです。

2006年02月12日

大連ヨットハーバー



大連の星海湾ヨットクラブ

大連にも国際ヨットクラブがあると聞いて、前々から行ってみたかったのですが仕事に追われてなかなか行けませんでした。

やっと時間が取れたので行ってみたのですが、冬場でもあり船も稼動していませんでした。

目的のヨットは一艇しかなく、桟橋も完全には出来上がっていない状態でした。
ボートは30~40フィートのクルーザーが数艇陸置きされていました。

今後、大連にヨットやボートを楽しむ人達が増えるのかは何とも言えませんが、一度は日本からヨットで大連まで行ってみたいと計画しています。

海が綺麗なのと、島がハーバーの近くにあり、セーリングのロケーションとしては最高だと感じました。
風がどの程度あるのか良く知らないのと、波のコンディションもわからないので今は何とも言えませんが、春から夏にかけて再度見に来ようと思っています。

船を出しているオーナーがいたら、乗せてもらおうなんて考えていたのに残念でした。

2006年02月07日

シロクジラ



大連のシンボルのシロクジラ

大連の水族館でシロクジラに会いました。
シロクジラは大連のシンボルというかマスコットというか、街を表すものになっています。

広いとは言えない水槽で、とても柔軟な体の動きで泳ぎ回っていました。
プラスチックのパイプを短く切ったものをおもちゃにして、遊んでいる姿が愛らしいかったです。

2006年02月01日

大連のタクシーでの出来事



大連のタクシー

タクシーを利用するときですが、私は中国語は苦手なので、行き先は地図か住所を運転手の方に見てもらい片言の中国語で目的地に行ってもらいます。
時々、目的地がわからずに運転手さんが持っている大きな地図を一緒に見ながら行き先を探すことがあります。そんな時でも多くの運転手さんはとても親切です。日本語で「ようこそ大連へ」と言われたこともあります(笑)。
まれに初心者運転手さんの場合は行き先がわからず、他のタクシーに乗り換えることもありますが、言葉の通じない私にもとても親切です。

ある時大連でタクシーに乗っていた時の出来事です。

タクシーには私とタクシー運転手の二人だけでした。
ラジオから”テレサテン”の”時の流れに身をまかせ”でしょうか、歌がながれてきました。
私も知っている歌なので日本語で口ずさんでいたら、運転手さんがラジオの音量を上げてくれました。
そして、運転手さんは中国語で、私は日本語で”時の流れに身をまかせ”を一緒に歌っていました。

国が違い、言葉が通じなくても、歌を懸け橋として気持ちが通じたんだと思うと、胸がジンとしました。

毎回、中国に行くとこんなことを体験します。その度に、少しの慣習の違いはあるけど、人としての本質は中国も日本も同じなんだと感じます。
私的には大連の人は大阪人に似ていると思います。世話好きで何時も色んな場面で日本人の私を助けてくれます。

最近、日記ばかりで「中国オフショア開発」に触れていませんが、開発は順調です。
中国オフショア開発・評価検証も少しずつですが認識されてきており、有効な開発手法の一つとして検討して頂けるようになってきました。
日本国内での求人倍率もアップしてきましたので、優秀な人材を確保する為に国外に目を向けるのは自然な流れだと思います。

2006年01月29日

轟音



爆竹の轟音

中国の爆竹は日本のもとのは比べ物にならないほど迫力満点です。
爆竹の大きさもかなり大きく火薬量も多いと思います。
遠くでもかなり迫力があるのですが、近くだと煙がすごくて周りが見えなくなります。

やはり怪我人も出るほど危険なものでもあるみたいです。

厄払い、厄除けの意味があるそうなので、私の厄除けにもなるかなぁと思い見ていました。

年が明けると、今まで車の通っていなかった道路に、車が増えだしました。

打ち上げ花火



打ち上げ花火

頭上で開く打ち上げ花火です。頭の上に灰が降ってきます。
高さはビルの20階程でしょうか。

連発して打ち上げるので、迫力は満点です。

爆竹



爆竹

FURAMAホテル前に並べられた、長さ数十メートルの爆竹。
日本の爆竹とは比べ物にならないほど大きく、派手な音をあげます。

FURAMAホテル前の花火



FURAMAホテル前に並んだ打ち上げ花火

FURAMAホテル前に並んだ打ち上げ花火です。
道路の中央付近に並べられています。

近くには爆竹も並べられて、もう直ぐ点火という状態です。
車は関係無く花火の近くを通過していますが、安全の為か公安がパトロールを行っていました。

ホテルの宿泊客らが見物に来ていましたが、慣れているのか恐怖心はなさそうで、子供達も花火の打ち上げ開始を待っていました。

春節の花火



中山広場から見た花火

春節の花火を見に大連の街に出ました。
人気は少なかったのですが、あちこちで花火が上がり爆竹が鳴るので、不思議な雰囲気でした。

花火はビルの谷間でも行われ、打ち上げられた花火がホテルやマンションに当たって跳ね返るのも見えました。日本では安全面から考えられない光景でした。

2006年01月28日

路面電車



路面電車

大連の路面電車です。
大連には何種類かの路面電車が走っているのですが、これはその中でもレトロっぽい路面電車です。

私は大阪で育ったので大阪の路面電車を良く知っています。
子供の頃に乗っていた路面電車(ちんちん電車)に良く似ているので、とても親しみがありました。

未だ大連の路面電車には乗ったことが無いのですが、大連市内を多くの路面電車が走っており、庶民の通勤や通学の足となっています。

過剰供給?それとも。。。



建築が中断されたビル

大連の街を歩いてみると、建築ラッシュの中に途中で建築が中断しているビルを見かけることがあります。
中には建築が再開されるビルもあるそうですが、数年間も建築が中断しているビルもあります。

安易な建設計画で途中で資金が尽きたのか、何かのトラブルなのか、採算が合わなくなったのかは不明ですが、活気のある中国経済の中にはこういう側面も見える場合があります。

日本では考え難いことにも中国で遭遇することがあります。

海と高層マンション



浜辺から見た高層マンション

浜辺から見える高層マンションです。
この浜辺は夏には海水浴場になる砂浜で、とても綺麗な浜辺です。
日本で見られるようなゴミは一切見られませんでした。漂着するペットボトルなども見られなかったのは清掃をこまめに行っているのか、それとも漂着し難い場所なのか不明でした。

遠くに見える高層マンションは大連でも最高クラスの高級マンションで、この辺りは街並みの綺麗な高級住宅地、リゾート地になっています。

寒い季節でもカップルが散歩をしているのを見ました。

遠くに、大連で盛んなスポーツをあらわすサッカーボールのモニュメントが見えます。

2006年01月26日

寒中水泳



寒中水泳

気温はマイナス5度程度だと思うのですが、何人かが大連の海で泳いでいました。

海の水はとても綺麗で透き通っていました。
ここは、夏場は海水浴でにぎわう浜辺の近くで、砂浜もとても綺麗でした。
沖には島も見え、クルージングには最高のローケーションかも知れません。
ヨットのチャーターができれば、楽しそうなんですが。。。

砂浜には、ペットボトルやビンなどのごみは皆無でした。

2006年01月23日

ライブドア事件について

この業界で仕事をする人達は、このような事態が発生するのは予感していたのではないだろうか。。。

また、”自社も危ない!”とか”自社も同様の手法を行おうとしていた!”というITベンチャー企業の経営者達は結構大勢いるような気がする。

私も「IT企業の価値」というのには、昔から疑問があった。株価が実際の企業の価値を示すとは言えないと思うからだ。

決算や株価操作はやろうと思えば数値上のことなので、ある程度は自由に操作ができると思う。頭の良い経営者であれば、悪用してその場しのぎの利益を得ることは容易だろう。
その結果、最後に価値の無い株を握らされた株主が損をするという構図は納得できない。

今後はIPOも中身(会社の価値)が無いと難しい時代になるのでは?と感じるのは私だけではないと思う。

これまで、ITベンチャーに投資してきたベンチャーキャピタルも心中穏やかではないだろう。
IPOの確立が減るかも知れないし、投資した資金が回収できない可能性も高くなると思われるからだ。

2006年01月17日

17日の午後から大連

今日、17日の午後から大連滞在です。

旧正月にかかるので、帰国時にアクシデントがあると、旧正月が明けるまで帰って来れないかも知れません。
大連のスタッフと仕事をしていると元気ができので、大連に滞在するのが楽しみです。

今回は技術的な打ち合わせだけでなく、今後の業務拡大に関する打ち合わせも行う予定です。

でも、この時期は大連は寒いからなぁ。。。今回は旧正月を一人で体験しようと、事務所から離れた場所にホテルを予約しました。仕事の後に地元の色々なショップを探索する予定です。
ボーリングやビリヤードにも挑戦するつもりなのですが、中国ではビリヤードもボーリングもやったことがありません。どうなるか楽しみです。

中国に行くと何時も体重が増えるので、今回はダイエットモードで食事制限する予定です。1週間滞在すると4キロ程は太りますから(笑)。

2006年01月09日

今宮えびす



宝船

今日は毎年恒例の今宮えびすに行ってきました。

何時もは早朝か深夜に行くことが多いのですが、今回は天気も良かったので昼間に行ってみました。
予想では人は少ないだろうと思っていたのですが、何時も以上に家族連れの人も多く、かなり苦労して賽銭箱にたどり着きました。
賽銭箱(実際は箱ではないのですが)の前に立つと、後ろから投げられるお賽銭が後頭部に当たり、少し痛かったです。
周りに落ちているお賽銭をみると、五円か十円が多かったのは、本格的な景気回復がこれからだからでしょうか?。
それでも、後頭部にお賽銭が当たることが無かった、ここ数年を振り返れば、大阪の景気回復も肌で感じ取れるものになってきたようです。たぶん、今宮えびすに来ていた方はそう感じていたと思います。

何時ものお店で宝船を買って、また何時も飴を買うお店で中国のお土産に飴を買って帰りました。
宝船を買ったお店で千両箱と蔵をおまけに付けてもらいました。お店のおばちゃんには○○領収書ももらってウキウキです。おばちゃん、もっといっぱい○○領収書くれへんかなぁと思いながらタクシーに乗りました。

お賽銭の分、”商売繁盛”よろしくおねがいしますね、えびす様。。。

2006年01月07日

中国のインターネットカフェ



ネットカフェ

これが中国のインターネットカフェだそうです。
大連で見かけたのですが、中に入ったことが無いので、どんなところかは不明です。

私は、中国の友達と連絡をとる場合、仕事であればメールか電話ですが、プライベートではチャットを使う場合が多いです。
でも、仕事場ではプライベートのチャットをするわけにいかないので、中国の友達が自宅にいるときか、ネットカフェからチャットします。

少し前までは、自宅にADSLを持っている人もまだ少ないので、ネットカフェは流行っていたようですが、政府の取り締まりも厳しく、あまり儲からないので、最近はかなり減っているように思います。
最近、自宅にPCを持っている人も増えてきたので、ネットカフェの利用が減ったのでしょうね。

利用料は1時間2元(約30円)と聞いたことがあります。

2006年01月06日

中国の建設ラッシュ



建設ラッシュ

これは中国の瀋陽での建設現場です。

古い建物がどんどん壊されて、新しいビルやマンションが建設されています。
ホテルの窓から眺めていましたが、徹夜で工事をしている現場がありました。
溶接の火花が飛び散るので、ホテルの窓から見ていても直ぐわかります。

ビルの解体もまとまって行うので、日本に比べて工期は大分短いと思います。月単位で街の風景が変わっていくので驚きです。

日本も昔、こんな時期があったんですよね。。。

2006年01月05日

サソリとムカデ



屋台のサソリとムカデ

久々の食べ物情報です。
サソリとムカデが屋台で食べれます。

お店の人は美味しいと勧めてくれますが、この時は先にザリガニでお腹いっぱいだったので、遠慮させてもらいました。
今度、大連に行ったらチャレンジします。

気分的にはパワーが出そうなサソリですが、ムカデはどうでしょう!?
ちょっと勇気が必要ですが、通信販売で日本でも入手できるようになったら、貴方は購入してみますか?

2006年最初の大連生活

1月17日から31日まで大連滞在です。
旧正月を大連で過ごして帰国するか、早々にしごとを終わらせて日本に帰国するか悩んでいます。

大連にも知人が多くなってきましたので、できれば少し余裕をもって情報交換もしたいのですが、私の本業は開発と研究なので、あまり営業的な動きばかりするわけにもいきません。

今は技術ベースでのビジネスなので、しっかりと基本の開発技術を確立したいと考えています。

でも、旧正月中は大連に滞在したいと思っているのですが、友人に相談してみます。
私は中国での旧正月の経験がないので、チャンスがあれば一度はこの目で確かめたいと思っています。

営業資料の作成や、実際の日本国内の営業も進んでいるので、大連滞在中も日本の業務のサポートは必要です。

でも、今年は昨年以上に楽しい一年になりそうな予感です。

2006年01月03日

コピーライターさん



一字が万事

先日ブログで少し書きましたコピーライターさんのサイトを紹介します。

私の会社のサイトである「中国オフショア開発 【株式会社クルー】」のライティングをお願いした高松原幸氏で、「一字が万事」というサイトを立ち上げておられます。

私が高松氏にライティングをお願いしたきっかけは、自社のサイトをどのように構成して文章を書けば、自分の考えていることがサイトを見てくれた人達に伝わるかと悩んでいる時に、インターネットを通じて知り合い、相談したことに始まります。

私は仕事柄、設計書や仕様書を書くことは慣れているのですが、反対に文章で意思表示をすることがとても苦手で、毎回自社のサイトをリニューアルする時に悩んでいました。そして何処にでもあるようなホームページ構成で作ってしまうのですが、今回は高松氏に構成とライティングをお願いすることができて、ソフト開発会社としては非常に面白く、解り易いものができたと思っています。

中国オフショア開発に力を入れた会社に特化することを明確に伝えることができるサイトに仕上がったと感じています。

日本国内で中国オフショア開発を謳っている会社は、技術ではなく企業を紹介するだけの会社が多いように感じていましたので、私は自分が技術者であり、クルーという会社がデベロッパーとして中国の企業と共にエンベデッドの技術向上を目指している会社であるという明確な違いを伝えたかったのですが、なかなか思うとおりの文章が書けませんでした。

その時に高松氏と知り合うことができて、私が思っていること、伝えたいことを文章として表現してもらえたことに感謝しています。
プロが文章を書くと、ここまで伝えたいことが表現できるんだと、改めて感激しています。

今、高松氏には、私の会社の宣伝やセミナー開催などに関して、コンサルティング的に協力してもらっています。

箱根駅伝、亜大が初の総合優勝

久しぶりに箱根駅伝をテレビで見ていました。

ここのところ毎年、年末年始は忙しくしていたので、年始にテレビを見る時間などほとんどなかったのですが、今年は少しだけ余裕がありテレビのチャンネルをまわしていると箱根駅伝の中継に目がとまりました。
駒大の5連覇かなぁ、と思っていたのですが。。。
テレビを見たのがゴールの少し前だったのですが、亜大優勝の声が流れていてゴールの瞬間を見ることができました。

中国オフショア開発の関係で、アジア、中国、大連との関わりが深い亜大の教授にはお世話になっていますので、2006年早々、亜大の箱根駅伝総合優勝はとても嬉しいのと、これからのアジア、中国の活気がますます高まるのを予感させるものでもありました。

2006年01月01日

新年、あけまして、おめでとうございます

新年、あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は私自身にとって変化の激しい年でした。
今年は昨年見定めた方向に注力して、結果の残せる年にしたいと考えています。

中国のスタッフ、ブレーンの方々や、日本で色々サポートして頂ける方々と力を合わせて、中国オフショアのメジャー化を目指したいと思っています。

既に中国企業はインドへの進出も本格的に開始しているので、私達も今後は日本市場のみでなく、中国市場はもちろん、インド、アメリカ、ヨーロッパと先を見越した体制を整える必要があると感じております。

私も開発業務のみでなく、優秀な人材の国際活用も考えていくつもりです。

日本の景気回復にも期待しながら、自分自身でできることに腰を据えて取り組む一年としたいと考えております。

2005年12月31日

2005年を振り返って

今年も残すところあと3時間をきりました。

2005年を改めて振り返ってみると、色々なことがあった年でした。
仕事の中では、起業してから一番大きな変化があった年かも知れません。

中でも、中国でのオフショア開発が本格的に稼動し会社として利益を生むようになったのは大変嬉しい変化でした。
オフショア開発に関係し、多くの方々に助けていただき、今まで以上に信頼できる多くのブレーンが出来たのは、それ以上に嬉しく心強く感じています。

来年も引き続き、中国と日本の橋渡しとして活動していきたいと考えています。

2006年も自分にとって、また皆さんにとって良い年となるよう努力していきたいと考えています。

2005年12月29日

大連高級マンション



星海公園

大連の高級マンションです。ブログが寂しいので、大連の友達が送ってきてくれた画像をアップしました。

私も何度か行ったことがありますが、中国とは思えない程に緑が多く近代的でオブジェも多い公園のまわりにマンションが建っています。

上海とは一味違った美しさです。

六本木ヒルズには住めませんが、ここなら何とか住めるかも知れません(笑)。
しかし、今はそんな余裕は無いですね。
開発センターと評価検証センターの準備を行わないといけないじきですし。

見るのはタダなので、時々気分転換に近くのレストランに行ったりして眺めています。

2005年12月26日

ホームページの制作

今まで自社のホームページは自社内で制作していました。

何故かと言うと、売るものが無い(実体が無い)ので、どう表現するか何時も悩んでいたのと、過去にお願いして2回ほど失敗しているからです。
どうしても、ソフトウェア開発をしている会社は似たり寄ったりでインパクトが少ないと感じるのですが、いざ自分の会社のホームページを制作するときになるとアイデアが浮かびません。
で、今回のホームページの制作はコラボレーションでやってみました。

1)ホームページ制作は、デザインを含め「Studio-BRAIN」さんにお願いしました。ブログ機能を使って変更を容易にもしてもらいました。

2)全体の構成やキャッチフレーズや見出しは改めて紹介しますが、ライターの方にお願いしました。

3)技術的な文書は私が考えました。

このコラボレーションで、”ホームページをリニューアルするぞ”と決めてから公開まで1ヶ月。異例の速さと、それ以上の思った通りの仕上がりで驚いています。
人の出会い(縁)というのは、時には凄いパワーとなることを実感しました。

中国オフショア開発 【株式会社クルー】」、「中国技術集団ブログ」は、「Studio-BRAIN」さんの制作です。

制作後も色々と面倒を見てもらい、部分的なページ追加も快く引き受けて下さいました。

今は、色々な方々からブログを通して接点ができてきたので、リンクのページが欲しいなぁと思っています。これはまた、何処かのタイミングで相談してみようっと。

仕事も同じで、タイミングが合うと発展も速いですね。中国とのビジネスも同様でした。これからも人との出会いを大切に、お互いに納得して喜べるビジネスを目指したいと思っています。

2005年12月14日

刺身のわさびは日本製



赤貝の刺身

大連で食べたお刺身です。
これは赤貝の刺身ですが、わさびは日本製の練りわさびが利用されているようです。
結構日本の食材や調味料は中国で出回っています。コンビニでもスーパーでも購入は容易です。

2005年12月12日

大連の女性スタッフに大人気



テニスの王子様

中国でも多くの日本アニメが放送されていました。テレビだけでなくネットで見れるんですね。有料の動画配信サービスが盛んなようで、日本のドラマも見れるそうです。
テニスの王子様は大連の女性スタッフに大人気でした。私も少年ジャンプは欠かさず読んでます。

2005年12月05日

山崎高級パン



大連の山崎パン

ありました、大連でも山崎パンが。
山崎高級パンとなっていますが、他のパンとの値段の違いを見るのを忘れてしまいました。でも見た限り山崎高級パンが一番美味しそうでした。アンパンやクリームパンなどのパンは専門店に行かないと売ってないようです。

それとジュースのクーは、かなりメジャーです、大連では。

写真にあるものは全てコンビニで買いました。大連でも24時間あいてます。

2005年12月01日

風でダウン



日本でも良く見る風邪薬

今回の大連滞在では不覚にも風をひいてしまいました。
滞在中の天気は冬とは思えない程に温かかったので、仕事だけで精一杯だったのが残念です。

写真の風邪薬は、半信半疑で薬局に買いに行ったのですが、飲んで効いたので本物だと思います。
中のカプセルの色は日本とは違いドギツイいろだったので、ちょっとためらいましたけど。

おかけで熱も下がり体調も良くなりました。しかしとき既に遅し。帰りの航空チケットも手配してしまっていて、帰国するしかありませんでした。

今回は大連で開発の打合せと、実際にモジュールを作成してもらいデバッグをするという予定でした。
大連のメンバーは既にプログラムのコーディングを先行して進めてくれていましたので、作業は順調に進みました。

やっぱ、皆、頭がいいですね。仕事が速い!

今回、メインで開発を行ってくれた大連スタッフは未だファームウェア開発のバリバリっていう人ではないんです。経験年数もそんなに長くないですし。

この上に、キャリアの長いプロ(?)と、もうワンランク上にスペシャリストがいるんですよねぇ。なんか恐ろしいです。

何でも対応できますという自信は嘘ではありませんね、その通りだと実感しています。

専属で私の仕事を手伝ってくれていることには、とても感謝しています。

2005年11月12日

マイカル



大連にあるショッピングセンター・マイカル

ここマイカルは、大連にある大型のショッピングセンターです。日本にもありますよね。
衣料品、食品、レストランもあり、休日は若者もたくさん来店していました。

2005年11月11日

引越しやさん



大連で見つけた引越しやさん

昼前でしょうか、大連の市内で引越しやさんをみかけました。

四川料理第二弾



前回のザリガニの前に瀋陽で食べた四川料理です

この時食べた四川料理は辛さが際立っていました。独特のスパイスの刺激と、香りでしたが私は好きです。中国では幼稚園くらいの子供も食べてました。

2005年11月07日

大連ソフトウェアパーク



大連のソフトウェアパーク

雨の中、車の中から撮影しました。日本の企業も多く進出しています。インフラも整っており、IT関連の企業が数多く見られます。

2005年11月03日

四川料理



生まれて初めて食べたザリガニです

やぱり辛かった四川料理。でも私は結構好きです、この味。