中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« ブログトップ

2008年01月13日

開発チームと評価チームの関係

身内に不幸事があり、暫くブログ更新していませんでした。

最近の製品開発について、開発と評価という切り分け、連携で感じたことを書きます。

開発チームは評価チームを格下に見ている。

こういう場合、ほぼ100%開発チームの技術力は標準以下です。

例えば、
 1.不具合の内容に対して、非効率的な調査要求をしてくる。
 2.再現方法を、こと細かに評価チームにレポートさせる。
などです。

自分で開発したシステムについて不具合報告があれば、大抵は想像が出来るはずです。想像できない設計、開発をしているのなら大問題です。

責任逃れをする為に、評価チームに無理な調査依頼をすることは、開発全体で非効率的で、不利益になります。こういう開発と評価のチーム関係は改善しなければなりません。

評価チームは不具合があったかも知れない?と報告をすれば良いのです。
不具合の無いシステムを開発するのは、開発チームの責任。
不具合が改修されなければ、評価チームは試験合格させなければ良いのです。

後は、開発チームが自分で調べて、改修して、評価をお願いするか、開発チームの責任で出荷してしまえば良いことで、評価チームは合格か不合格だけを開発チームに報告すれば良いのです。

でなければ、評価チームに協力を依頼するべきです。

開発チームは進んで、品質の良いシステムを開発する義務があります。
評価チームの評価が不十分なので不具合が直らない、品質が悪いなどと言うのは、『自分は能力がありません』と宣言しているようなものです。

開発がスムースに進んでいるプロジェクトでは、開発チームと評価チームの関係は対等か、評価チームの方が格上という感じがします。

思いつくままに書いてみましたが、如何でしょうか・・・。