中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« オフショア開発成功でメジャーに 大連のお土産 »

2007年05月06日

設計と検証で品質向上


ソフトウェアの品質向上は『設計』と『検証』のペアで実現させる

最近、ソフトウェアの品質について話題になることが多いと感じます。

特に評価・検証ビジネスはブームのようになっていますが、設計と評価・検証をトータルに考えないで評価・検証にだけ注力しても本末転倒になるだけだと考えているエンジニアは多いと思います。

私もそんな考えを持つエンジニアの1人で、2年前に設計から開発、評価・検証までをワンストップで行うビジネスモデルを提案したことがありました。

いくら評価・検証をきっちりやっても、ベースのソフトウェアの品質が悪ければ製品にはなりません。不良品を市場に出さないガードはできても、企業としては市場に出せる製品を作らなければ意味がありません。

となると、

1)設計では不具合の発生し難い設計を、

2)設計では評価・検証を考えた設計を、

3)開発では評価・検証の工数を減らすデバックを、

4)評価・検証では設計、開発時のデータをベースに抜け無く、無駄の無い評価・検証を、

と、全体を見渡して開発を行うことが必要だと思うのですが、皆さんは如何思われますか?

手法やノウハウは色々ありますが、これらが出来てソフトウェアの品質が向上すると私は考えています。

その手法の主なものは、『品質の可視化(品質メジャー/開発ガイドライン)』であると考えています。


組込みソフトウェア評価・検証サービス のご紹介

トラックバック

トラックバックURL : http://www.crew.to/mt/mt-tb.cgi/271

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)