中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« オフショア開発に必要なもの ソフトウェア品質管理(1) »

2007年02月28日

ここに刺繍、、、攻撃!

anime.gif
中国への指示書ではまる(失敗する)パターンがあります。

昔、アパレルメーカーの社員が中国の縫製工場に服のデザイン画(左胸のあたり)に、『ここに刺繍』と指示を書き込んだら、出来上がった服の左胸にロゴが刺繍されずにきっちりと、”ここに刺繍”と刺繍されていたそうです。

笑い事ではなく、ソフトの仕様書でも同じことが言えます。

今日、久々にやられました。

中国で作成された仕様書で解り難いところがあったので、『図などで解り易く説明すること』と仕様書に書き込んでスキャンして送り返したら、更新された仕様書には、”図などで解り易く説明すること”としっかり書き込まれていました。

これこれ、これが中国の人達が一生懸命に考えてくれた証しなんだと嬉しくなるんですよね(笑)。

今も昔も変わっていない部分があるんですね。
日本人には何気ないことでも、外国語での仕様書を完璧に仕上げるのは容易なことでないことぐらいはわかります。
こんなことを繰り返しながらコミュニケーションが取れるようになるんですよね!

これを笑っていられるのは、こういう不具合を未然に防げる開発システムが構築されているからで、事前検証ができなければ仕様の思い違いによりあちこちで不具合が発生することになります。

でも、この話しは大連での話しではなく、別の中国の会社での話しです。

DGOでは品質管理部門でシステム的に何重にもチェックするので、こんなミスはありませんから。

トラックバック

トラックバックURL : http://www.crew.to/mt/mt-tb.cgi/254

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)