中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« ブログトップ

2006年03月29日

最終ミーティング



大連国際貿易センタービルからの眺め

大連国際貿易センタービルの58階にあるレストランで昼食を兼ねてミーティングを行いました。
今回の大連での打合せの最終打合せです。

昨日の昼食は大連のスタッフと一緒に春巻きを食べに行きました。
大連に来たときは、昼食は春巻きを食べに行くことが多いです。
日本人の私にも食べやすい味付けで、おすすめです。

貿易センタービルの58階から見る眺めは大連市を一望できるような感じで非常に爽快な眺めでした。
高層ビルやマンションが多いのですが、こうやって上から見下ろすと、街の形が良くわかります。
下に円形の中山広場が見えます。春節の時は花火と爆竹が凄かった場所です。

今回の大連訪問では中国と日本の今後の合作の内容とスケジュールを決めました。
かなり具体的な内容ですが、達成するのは大変かも知れません。しかし、順調に進めば5年後にはそれなりの結果が残せると確信しています。中国と日本で、かなり慎重に調査し準備した後でのビジネスモデルなので結果は努力次第だと考えています。

何より、中国と日本で信頼できるビジネスパートナーとなれたことが非常に大きな成果だと実感しています。

日本国内だけでのソフトウェア開発に将来の希望を失っていた私には、中国でのオフショア開発は希望の光です。また、中国の技術力は脅威でもありましたが、共に歩めることになって非常に嬉しく感じています。

周りの方々にも徐々に理解して頂けるようになり、今後のオフショア開発の発展に確信を持てるところにまで来ることができました。

やっと、スタートラインに立てそうです。

2006年03月26日

大連フットサル大会



フットサル大会の様子

何かのイベントなのか、予選なのかわかりませんでしたが、街中でフットサルの試合をやってました。
なぜ大会かというと、選手のユニホームにスポンサーの名前と「○○大会」と書かれていたからです。
ちなみに、メインスポンサーは日立の様でした。

休みの日ということもあり多くの観客が集まってきました。試合は審判が2人というしっかりとしたものでした。

途中、シュートを顔面で受けてしばらく動けなくなる選手がいたり、見ている方は楽しかったです。

大連はサッカーが盛んなので、こういうイベントもウケルのでしょうね。

大連では何かと家電メーカーが目立っているように感じます。今、電化製品やデジタル家電を購入する人が多いのだと思います。


2006年03月25日

揺れる飛行機



大連のビル群

打合せの為に急遽、大連に来ました。

トラブルがあったとかでなく、合弁会社の設立と、増資の件で確認したいことがあったので、フェイスtoフェイスでトップ会談をするのが目的です。

昨日までは東京、大阪に戻って、そのまま大連と今月は慌ただしいです。その前は瀋陽だったし。。。

今日の飛行機はかなり揺れました。
私はあまり飛行機に乗って恐いとは思わない方なのですが、恐くは無いですが着陸前に、あんなにフラフラしてよくちゃんと着陸できるなぁ。。。と関心しました。
後で聞きましたが、今日はかなり風が強かったそうです。

でも、不安だった霧などの悪天候で着陸できないなんてことも無く、無事に大連到着です。
かなりの回数、中国に来てますが、今まで飛行機でトラブルというのは一回もありません。周りの人に聞いたところ、これはかなりラッキーなようですね。

3月の終わりに近づくと大連も最低気温が0℃程度で、昼間は8℃位まで上がる日があり少し暖かく感じます。

2006年03月23日

合弁会社設立準備

anime.gif

「大連広衆科技諮詢発展有限公司」と「株式会社クルー」は正式に日本に合弁会社を設立することを決定し、設立の準備に入りました。

同時に「株式会社クルー」は新たに「大連広衆科技諮詢発展有限公司」の株式を取得し、資本関係を強固にし、技術と経営の両面で一層の協力関係を築いていくことに同意いたしました。

2006年03月20日

研修生用設備



中国人研修生が実習で使う装置

日本に研修生として来る中国人が、来日前に技術を取得する為の研修施設を見学しました。
ここは金属加工などの実習を行うところですが、日本語の勉強や、技術の勉強も行います。そして、日本語の試験も受けます。

研修生として日本にくるのは難しいので、優秀な人材だけの狭き門と言ったかんじでしょうか。。。
しかし、日本での研修期間の生活は快適で、非常に勉強になって良かったと言う人が大半でした。

中国に戻ってからは、中国の会社に就職するか、日本語の教師+技術の講師になる人もいるようです。

この時は、ちょうど試験(日本語の)だったので、実習している人はいませんでした。

2006年03月19日

瀋陽から戻りました



瀋陽で1番人気?のジュース

瀋陽で1番人気があるジュースだそうです。本当かどうかは定かではありません。
味は、杏仁豆腐と桃を足したような味で、とても美味しいので、人気があるのは納得です。

今回の瀋陽訪問で、さらに中国の色々な内情が見えてきました。中国IT企業も数社訪問しましたし、研修生の教育施設も見学してきました。

研修施設内部の写真も取ってきましたし、研修で日本に来て、帰国された方の話しも聞いてきましたので、紹介していきたいと思っています。

2006年03月14日

瀋陽での滞在ホテル



瀋陽のシェラトン

今回の瀋陽滞在では今までに無い高級ホテルに宿泊です。
瀋陽の友人持ちでシェラトンに泊めてもらっています。

豪華なホテルですが、今日、少し嫌なことがありました。
西洋人の宿泊客に同性愛者だと間違えられて、部屋まで尋ねてこられました。
ヨーロッパでも何回かあったのですが、中国でもかぁ?(涙)。

エレベーターに乗っていた時に、何故か同じ階で降りたので気にはしていたのですが。

海外では色々なことがありますね。。。

中国っぽい飾り



飾り

神戸の三ノ宮で見かけた、中国っぽい飾りです。
中国ではアーチ型の巨大な飾りをよく見るので、なんとなく中国っぽいなぁと思い写真を撮りました。


2006年03月09日

携帯電話へのポーティング

anime.gif

ある機能を携帯電話へポーティングする開発業務の依頼が入りました。
具体的な要件は打合せ中ですが、日本国内の全てのキャリアに対応する予定です。

大手企業さんからの依頼なので、詳しい内容が決まって開発に進めば結構面白そうです。
期間は1年以上のようなので、今までに無く大規模プロジェクトです。

具体的な開発内容をお教えできないのが残念ですが、JAVA、BREWでの開発経験を活かし、是非とも成功させたいですね!。
(”BREW”と”CREW”は似ている。)

ボチボチと、こういう開発の依頼もオフショア開発として来るようになりました。
これからも実績を積み重ねて、信用を得られるように頑張ります。

神戸での打合せ

anime.gif

今日は大連から董事長が来日しました。
関空に到着して、そのまま三ノ宮の神戸市役所に直行したのですが、なんとビジネスクラスで来たそうです。色々事情があったのかも知れませんが羨ましいです。

初日の打合せは無事終了しました。

今週末まで共に行動するのですが、その後に私は瀋陽に出張です。
体力持つか心配です(笑)。

2006年03月07日

大連のオリンピック



オリンピック公園?

大連の知人はオリンピック公園と言っていましたが、そこにオリンピックの五輪モニュメントが置かれていました。

北京オリンピックが決定した時に、このままの中国のマナーの悪さでは世界レベルのスポーツ選手を招く体制(環境)が整えられないという中国自国からの発言がありました。

それからどれ位過ぎたのでしょうか?、今では十分に世界のスポーツ選手を迎える基本体制(精神的なもの)が構築されたのではないでしょうか。
市民がオリンピックを意識して、街を綺麗にしたり、とても努力していると感じます。

個人的には、青島にできるヨットハーバーと選手村にはとても興味があるので、機会があれば是非行ってみたいと思っています。

その頃には、少しは休みが取れるようになっていれば嬉しいのですが。。。

中国オフショア開発も活発化

anime.gif

今年に入ってから、数年前に比べ格段に中国オフショア開発への関心が高まってきたように感じます。また、オンサイトでの開発も高まっているのは今までと同様です。私達もオンサイトでの開発を無視しているわけでは無く、色々な方策を考えています。

そんな中、大手企業様から中国オフショアでの開発の依頼が入ってきました。まだ打合せ途中なので今後がどうなるか定かではありませんが、少しずつ実績を残していけばクライアント様も安心して依頼してくれるようになると信じて頑張っています。依頼の話しが入ってくるだけでも嬉しいものです。受注した後の開発技術に関しては絶対の自信を持っていますから。

焦らず、地道に、そして速く開発にチャレンジしていきたいと考えています。

2006年03月06日

二階建てバス



二階建てバス

大連で走っている二階建てのバスです。私も何度か乗ったことがあります。
多分なんですが、一回乗るのに一元で距離は関係なかったと思います。
大連での移動の大半がバスか路面電車になります。タクシーは便利ですがバスや路面電車の10倍も高いので、できればバスを利用するのがいいですね。
朝夕のラッシュ時はかなり混むので嫌ですが、日中の比較的に空いている時間帯だと座れるので楽です。

古いバスが多いので、気をつけないと吊革や取っ手が外れることがあり危険です。急発進、急停車は当たり前でなので、乗ってるだけで足腰が鍛えられます(笑)。

ナマコの姿煮



ナマコの姿煮

大連はナマコが有名です。
で、ナマコ料理なのですが、そのままの姿でスープに入っています。

美味しいのですが、見た目はご覧の通り、少々不気味です。
これは生のナマコから作った料理ですが、干したナマコがスーパーなどで売られています。

結構あっちこっちで目にします。

2006年03月03日

オフショア開発成功への道


◆ 表紙
ちょっと目立つ配色とプロに書いてもらったキャッチコピー。中国オフショア開発に対する気持ち入ってます!


◆ 裏面
クルーの会社概要です。


◆ 中面1
中国オフショア開発の盲点を書いてみました。チェックしてみてください。


◆ 裏面
中国オフショア開発での要点を書いてみました。ここだけしっかい理解すればオフショア開発に不安はありません。


中国オフショア開発の成功と失敗について書いてみました。

正直、これだけで中国オフショア開発が成功するというものでは無いです。成功している企業様は何年も試行錯誤して現場で身をもって体験し、改善し、信頼し、中国と日本の溝を無くして行きオフショア開発で成果を出しています。

クルーでは、過去の試行錯誤を踏まえて、できるだけ短時間、ローリスクでクライアント様に中国オフショア開発のメリットを提供します。