中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« デバッグの手配 デバッグ開始 »

2005年11月20日

組み込みUML

UMLはソフトウェア設計、開発をしている方々は知っていると思いますが、最近色々な書籍も増えてきて、再度見直されているのでしょうか?
それともMDAでしょうか?

既存のシステムとの兼ね合いなどで、全てをUMLで設計し直すということも難しかったり、なかなか有効に使いこなせていないように感じます。
という私も、その中の一人なのでしょうが。。。

組み込み系のプログラミングではC++ではなく、Cで記述するとい制限があったり(コンパイラの都合などですが)して、オブジェクト指向なのですが、素直にUMLが使えないこともあります。

しかし、ここ最近のデジタル家電製品の開発などでは、機能が多すぎて昔のような状態とトリガによる遷移を網羅するという設計は無理な状態になっていますよね。
皆さんは、どのように設計されているのでしょうか?

品質を上げる上でも評価まで視野に入れた設計が必要ですよね。

今はUMLを設計書として中国のメンバーにモジュールの詳細設計をお願いしています。
22日に中国のメンバーとデバッグを開始しますが、どこまでスムースに作業が進むか楽しみです。

今回はビザを取ってないので、最長で15日間の滞在で帰国しないとなりません。
もう大連はだいぶん寒いだろうなぁ。

トラックバック

トラックバックURL : http://www.crew.to/mt/mt-tb.cgi/50

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)