中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS
« マイカル 組み込みUML »

2005年11月17日

デバッグの手配



あまり意味の無い会議室。。。

今日は一日中デバッグの手配に追われていました。アプリケーションの開発なら簡単なのかも知れませんが、ハードウェアの関係するファームウェア開発は段取りが大変。慣れてるつもりでも中国と日本で同時に開発となると簡単とは言えないですね。

まずは中国と日本のメンバーのスケジュール調整が大変ですね。国が違えば祝日も違うので、うっかり祝日を作業日にしてしまうことがあります。大連のメンバーは休日もいやな顔ひとつせずに付き合ってくれます。日本より融通がききます。

全員のスケジュールが決まれば機材のハンドキャリーを手配しないと。何時ものことですが、デバッグ用の機材が正常に動作しない。。。なんてことが、このタイミングで良く起こるんです。 って言ってたらその通りに。何とか問題は解決しましたけど、ハードウェアが関係すると色々と心配が増えますね。しかし、数年前までは海外でハードウェアの開発やファームウェアの開発なんて考えられなかったのに、今では安心して開発できる体制になりましたからねぇ。進歩進歩。

開発スケジュールに余裕が無いのは当たり前。で、航空チケットの手配も無理をお願いして速攻で決定です。意外だったのは料金が安い!!。大連までキャンペーンで4万円以下です。驚きですね。

今日はここまでで閉店です。

明日は大連のメンバーに詳細を伝えて、デバッグの準備を進めさせる予定です。

トラックバック

トラックバックURL : http://www.crew.to/mt/mt-tb.cgi/48

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)