中国オフショアソフトウェア開発 【株式会社クルー】

中国技術集団ブログ RSS

2008年05月19日

BSEが13人になりました。

今年から中国人のブリッジエンジニアが東京、大阪、京都で合計13人になりました。

未だ全員が日本語完璧という状況ではありませんが、技術力が高いので日本のメーカーさんの好意で日本での業務とブリッジとしての業務をさせて頂いています。

最近はさらにUMLを使った開発が増えているようで、言葉の壁がさらに低くなったようです。

今後の彼らの活躍に期待ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 技術

2008年01月13日

開発チームと評価チームの関係

身内に不幸事があり、暫くブログ更新していませんでした。

最近の製品開発について、開発と評価という切り分け、連携で感じたことを書きます。

開発チームは評価チームを格下に見ている。

こういう場合、ほぼ100%開発チームの技術力は標準以下です。

例えば、
 1.不具合の内容に対して、非効率的な調査要求をしてくる。
 2.再現方法を、こと細かに評価チームにレポートさせる。
などです。

自分で開発したシステムについて不具合報告があれば、大抵は想像が出来るはずです。想像できない設計、開発をしているのなら大問題です。

責任逃れをする為に、評価チームに無理な調査依頼をすることは、開発全体で非効率的で、不利益になります。こういう開発と評価のチーム関係は改善しなければなりません。

評価チームは不具合があったかも知れない?と報告をすれば良いのです。
不具合の無いシステムを開発するのは、開発チームの責任。
不具合が改修されなければ、評価チームは試験合格させなければ良いのです。

後は、開発チームが自分で調べて、改修して、評価をお願いするか、開発チームの責任で出荷してしまえば良いことで、評価チームは合格か不合格だけを開発チームに報告すれば良いのです。

でなければ、評価チームに協力を依頼するべきです。

開発チームは進んで、品質の良いシステムを開発する義務があります。
評価チームの評価が不十分なので不具合が直らない、品質が悪いなどと言うのは、『自分は能力がありません』と宣言しているようなものです。

開発がスムースに進んでいるプロジェクトでは、開発チームと評価チームの関係は対等か、評価チームの方が格上という感じがします。

思いつくままに書いてみましたが、如何でしょうか・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 技術

2007年11月11日

M1000からL740iへの電話帳移行

海外でも携帯は必需品。

今まではFOMAでGSM、3Gの両方使える機種が少なかったので、発売後に早速「L740i」を購入しました。

まだ海外では使っていないので、本当に今まで使っていたM1000と同等に使えるのか不安です。

購入して直ぐに、自宅近くのショップでは電話帳の移行ができなかったので、ドコモショップに持っていったのですが、これまた上手く行きませんでした。

M1000が故障している可能性があると言われましたが、あきらめきれずに独自にチャレンジ。

まずは、M1000から、vcf形式のファイルをメールに添付してPCに送付。

受け取ったvcfファイルをコンバーターでcsvファイルに変換。

これで、L740i(FOMA)用の付属リンクソフトで書き込めると思ったのですが、すんなりとは行きませんでした。なんかエラーが出ます。

仕方なくテキストエディター(エクセルは余計なことをしてくれるので使い難い)でデータを確認。

電話番号に-(ハイフン)が含まれているのが悪いような気がして、-を全て削除。

再度、L740i(FOMA)用の付属リンクソフトで書き込み成功。

なんか苦労したなぁと思い、本当にこんなことをドコモショップでやっているのか疑問???

私だけが騙されたような気もしますが・・・

まあ、無事に終了したので良しとするかぁ。

M1000だけ、-(ハイフン)混在の電話番号が登録出来るのかなぁ・・・(* ^ー゚)






M1000




L740i

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記

2007年10月10日

チャイナネットコムの通信設備

ハルビンの中国網通集団系統集成公司黒龍江省分公司に伺いサーバールームを見せてもらいました。写真は禁止だったのでお見せできないのが残念ですが、かなり充実した設備が整っていました。
日中間でのデータ通信に問題があるのは物理的なものではなく、検疫などのフィルタリングのように思います。
チャイナネットコムも日本法人を置いて活動を開始したので、何らかの解決方法がないのか原因と対策を検討してもらっています。


黒龍江省にあるCNCのビル


| | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記

2007年09月24日

月餅


CNCさんからお土産で月餅をもらいました。

かなり高級な御菓子だと思います。むっちゃ美味しかったです。

お土産にもらったのですが、夜に飲みに行ったお店でほとんど配ってしまいました。ゴメンなさい。

携帯メーカーの人もお客さんの中にいたので、CNCさんの紹介にはGOODだったと思います。

残った月餅は持って帰って食べました。

この季節、月餅で太り気味になりますが、止められませんね。

お酒にもあうんですよ、結構ね!

今年ももう秋ですね。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記

2007年09月08日

2007NEW環境展



インテックス大阪 2007NEW環境展

インテックス大阪で行われている「2007NEW環境展」に行ってきました。

中国でも環境問題が取り上げられることが多くなったので、今後の中国の環境改善に有効なソリューションがないか情報収集をしてきました。

中には、電力関係の遠隔監視や遠隔操作は電力消費を減らすことが出来て環境にも優しいシステムなどもあり、中国でも需要がありそうな感じがしました。

何社かと話しをしてみたのですが、中には中国に好意的でなく、「中国に輸出製品は粗悪品にする」などと言う会社もあり驚いていました。
日本にもこんな会社があるんですね!、時代と逆を行っているように思いました。

過去に日本でソフトウェアをコピーして中国に配布している会社もあったし。。。
日本企業のモラルがおかしいのでは???

特に感じたのは、技術力や独創性のある企業は中国とのビジネスにも前向きであるが、技術力も独創性も持たない企業は中国を悪く言い、取り引き条件を悪くして中国とのビジネスを遠ざけているという点でした。

「私の会社は技術力があるから中国とのビジネスなどしなくてもいいんだよ!」的なことを言う会社ほど、何所にでもあるような製品しか持っていなかったり、OEMでの提供を受けての再販だったりするようでした。

他により良い製品を販売している会社があり、このような会社との取り引きをする必要性はあまりないなぁと感じました。

展示会で直接話しをすることは勉強になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記

2007年08月15日

プリンタ制御ボード開発完了

大連での小型プリンターを制御するプリンターボードの開発が完了しました。

担当範囲以外のデバッグや、ハードウェアの不具合を発見したり、ハードウェアの性能評価まで行う中国スタッフの技術力と姿勢に大変喜んで頂きました。

これからも、今まで以上に、お客様に満足していただけるように努力していきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発

2007年07月26日

メタフレーム

今、メタフレームの環境を構築しています。

ファーム屋の私にしては久しぶりのサーバーに関係する作業となりました。

Windows2003Serverを使って、リモートディスクトップの機能を拡張した、サーバー&クライアントシステムになるのですが、通常のWindowsアプリケーションをサーバーにインストールしておけば、クライアントにはアプリケーションをインストールする必要なく、今までと同様にサーバー上でアプリケーションを動作させることができます。

極端に言えば、100台のPCがあってもサーバー1台にアプリケーションをインストールすれば良いだけなので、運用管理は非常に楽になります。

バージョン管理も、ライセンス管理も個々に行う必要はありませんので、非常に手間が省けます。

ただ問題なのは、最初の環境構築の難しさにあります。どういう環境に導入するか、どういう構成で構築するかを誤ると、とても使いにくいシステムになってしまいます。

それでも、メタフレームは運用管理の便利さから魅力的ですね。
一度導入してしまえば、大幅に管理を手抜きすることができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 技術

2007年07月17日

大連新オフィス

大連の新オフィス移転が完了しました。
場所は大連市民政局内になります。

役所と同じ建物に民間企業がオフィスを構えるのは変わっていると思われるかも知れませんが、色々なメリットがあります。
大連市政府にも認められている証拠として、日本企業から見ても安心ではないでしょうか。

会議室(約25人)、研修センター(約30人×2室)、個別開発室を備えた開発センターになりました。
トータルでエンジニアの収容許容人数は約160名です。





大連市民政局の入り口



ビルの入り口



1階ホール(胡錦濤主席も来訪)



オフィスフロアーのエレベーター(1社だけです)



オフィスエリア(奥まで全部です)



同じ階にある研修センター



会議室



駐車場は役所関係の車ばかりです

| | コメント (0) | トラックバック (0) | お知らせ

2007年07月12日

偽装請負に新たなメスが!

合法な、請負契約、委託契約、役務提供にならざるを得ないのでしょうね。

ところで、貴方は合法な、請負契約、委託契約、役務提供って説明できます(笑)。


派遣はどうなる!

dw_H.jpeg

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記

2007年07月01日

プリンタ制御ボード開発

小型プリンターを制御するプリンターボードの開発を中国大連で開始しました。

開発担当部分は、プリンター制御ファームウェアの開発で、ハードウェアを直接制御する必要がある為に、ハードウェアの知識も、マイコンの知識も必要になる開発です。

もちろん、ICE、各種測定機器を使いデバッグや制御精度の確認を行います。

今まで中国では難しいと思われていたような開発も中国でも問題なく対応できるようになりました。

さらにコストダウンも期待できる中国オフショア開発は、これからのメジャーとなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発

2007年06月17日

本格中国進出プロジェクト始動

中国オフショア開発の成功実績も増加し、中国全土でのパートナーも日々増えている状況で、日本のクライアント様からの要望もあり、弊社クルーは中国への本格的開発センター開設を行うことを決定いたしました。

日本のクライアント様のサポートはもちろん、日本での品質管理ノウハウをベースに中国での顧客開発も本格的に行っていきます。

現在、中国網絡通信有限公司(China Netcom Corporation Ltd.)のソフトウェア開発部門との業務提携契約も進行中です。



New Dalian World Trade Center

Dalian_world_trade_centre.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0) | お知らせ

社会力の低下

今日テレビで、最近は、”自分のことしか考えられない、「お互い様」という考えができる人が極端に減少しているのが目立つ”という話しがありました。

確かに、自己主張だけしかしないで、相手のことを考えないという人をビジネス上でも良く見かけます。

ぅ~ん、どうしてなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 日記

2007年06月03日

中国の技術開発力を見方に


中国は下請からパートナーへ、そしてライバルに!

多くの日本人が中国は単なる生産工場であると、未だに信じているようで情けなく感じることが良くあります。

中国が安い労働コストで生産工場を行っていたのは昔のことであり、安価で優秀なエンジニアが世界中を相手にビジネスをしかけてきています。

中国に技術を盗まれるという日本人に対し、他の国では中国に技術を提供しながら共同でビジネスを進めていました。そして、今では中国の技術をもって世界でビジネスを展開しはじめています。

日本は中国にとても近いというメリットがあるのに、何故か中国と上手くビジネスをやっている企業が少ないようです。

もう直ぐ、日本でなければならない開発というものが限りなく少なくなると予想しています。

日本の技術者はこれから先、どうやって中国、その他の国と付き合っていけばよいのでしょうか。。。

中国と親しくなることは今後の生き残りの為には必須かも知れませんね。

詳しくは、中国の技術開発力を味方に(日経エレクトロニクス2007年6月4日号) をご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0) | 技術

2007年05月12日

大連のお土産


お茶とお酒

労働節に大連に戻った社員からお土産をもらいました。

お茶とお酒で、お酒には2つのグラスが入っていました。
この大きさのグラスを持っていなかったので、とても喜んでいます。

お酒には何か説明書のようなものが入っていたのですが、何を書いてあるかよくわかりませんでした。

休み明けに中国語のわかる友達に聞いてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発

2007年05月06日

設計と検証で品質向上


ソフトウェアの品質向上は『設計』と『検証』のペアで実現させる

最近、ソフトウェアの品質について話題になることが多いと感じます。

特に評価・検証ビジネスはブームのようになっていますが、設計と評価・検証をトータルに考えないで評価・検証にだけ注力しても本末転倒になるだけだと考えているエンジニアは多いと思います。

私もそんな考えを持つエンジニアの1人で、2年前に設計から開発、評価・検証までをワンストップで行うビジネスモデルを提案したことがありました。

いくら評価・検証をきっちりやっても、ベースのソフトウェアの品質が悪ければ製品にはなりません。不良品を市場に出さないガードはできても、企業としては市場に出せる製品を作らなければ意味がありません。

となると、

1)設計では不具合の発生し難い設計を、

2)設計では評価・検証を考えた設計を、

3)開発では評価・検証の工数を減らすデバックを、

4)評価・検証では設計、開発時のデータをベースに抜け無く、無駄の無い評価・検証を、

と、全体を見渡して開発を行うことが必要だと思うのですが、皆さんは如何思われますか?

手法やノウハウは色々ありますが、これらが出来てソフトウェアの品質が向上すると私は考えています。

その手法の主なものは、『品質の可視化(品質メジャー/開発ガイドライン)』であると考えています。


組込みソフトウェア評価・検証サービス のご紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 技術

2007年04月19日

オフショア開発成功でメジャーに

積極的な中国オフショア開発で業績を大幅にアップしている京都のメーカーがあります。

一社が成功し、本格的な競争に入った時点で中国オフショア開発はメジャーになり、必須になるのでしょうね。
中国オフショア開発を利用しないで価格競争で勝つことはできないので、どう考えても必須ですよね。

今年は面白い年になりそうな予感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発

2007年04月17日

エビデンス

ソフトウェアの品質を証明する為にエビデンスが求められています。

蓄積してきた多くの過去データと、経験をベースにソフトウェアの品質を「科学的根拠」から証明することができます。

品質を可視化し、品質メジャーで基準を定めることで、ソフトウェアの品質が数値で表現できます。

オフショア開発では普通ですが、貴方の中でもメジャーですか?

もし、メジャーでないなら、エビデンスにどうやって答えることができますか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発

2007年04月13日

日本人SEはレベルが低い

anime.gif

日本最大のオフショア開発専門マガジン(アイコーチ有限会社)

●日本人SEはレベルが低い(by 中国人読者)
・今まで私はいろんなプロジェクトを行いました。正直に言うと、一つ残念なことを痛感しました。オフショア開発の前段階、日本国内のプロジェクトに問題が多いということです。時には、日本の担当"SE"の話を聞くと、"帰って勉強してください"と言いたくなります。データベース構築の経験のない、尚且つプログラムを作れない人にSEの職を与えることでは、恥知らないSEを作り上げることになりますね。

これは、私も常々感じていることです。
先頭を走っている日本人エンジニアの技術力は世界に通用する程の高さであることは確かです。ほんの数%だと思いますが。。。

反対に言うと、ほとんどの日本人エンジニアの技術力が低下しており、未だに10年以上も前の開発手法を行っているソフトハウスも少なくありません。正直多いです。

そんな中で、上流工程以外は全てオフショア開発に移行しようとしている企業もあります。
それが出来ないと5年後は生き残れない可能性大ですから!

長年の取り組みの成果か、ソフトウェアの開発はハードウェアの開発とは異なり難しい面もあるのですが、今では失敗することはほとんど無いようです。

これを見て、開発の業界も上と下の差がどんどん広がっていくようで怖いのと、海外のエンジニア、海外企業の進出が急増しているので今後がどうなるのかなぁと思って心配しています。

でも、僕は中国側でもあるので問題ないのですがね。 (* ^ー゚)

◎中国ビジネス入門 ~初めてでも失敗しない対中交渉~

| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発

2007年04月12日

大阪市のICT企業に選ばれました

中国オフショア開発の先駆け的な存在として、大阪市のICT企業に選ばれました。



| | コメント (0) | トラックバック (0) | 中国オフショア開発